脂肪の吸収を抑える ゼニカル通販ガイド

脂肪吸収阻害剤「ゼニカル」とは

 

ゼニカルは人気の脂肪吸収阻害剤です。脂肪吸収阻害剤「ゼニカル」とは
脂肪吸収阻害剤とは、食事で摂取した脂肪分を小腸の表面にある吸収細胞から体内に吸収されるのを防ぐ薬です。
30パーセントほど未吸収のまま内臓を通過させることができ、脂肪分は便として排出されます。

ゼニカルは、重度の肥満症を改善するためのウエイトコントロール薬でもあります。
ダイエットは無理に食事の回数を制限したり低カロリーの食事にしてダイエットを成功させるのは難しいです。このような無理な減量は健康を損ねる場合もあります。

ゼニカルは米国で開発された商品で肥満治療薬として認定されています。
服用してから効果は出るまでにはかなり早いですが長い時間継続するわけではありません。
脂肪が排出するだけなので体の中で脂肪を燃焼させる効果はありません。

また、ゼニカルを服用するときには、野菜や果物を多く含む栄養のバランスの良い食事をすることによって効果が出やすくなります。

▼▼▼実際にゼニカルを購入した【T.O.P】▼▼▼
ゼニカルの通販・個人輸入サイト

効果・効能・成分について

 

ゼニカルは食事で摂取した脂肪をそのまま体外へ排出

「ゼニカル」はアメリカで開発された新しい脂肪吸収阻害剤で、食事で摂取した脂肪を吸収せずにそのまま体外へ排出させる夢のような薬です。

アメリカではすでに厳しい審査をパスして認可され、使用されていますが、残念ながら日本では未発売なので、保険適用外の自費診療扱いになっています。

そもそも脂肪というものはデンプン・タンパク質と並ぶ三大栄養素の一つで、肝臓から分泌される胆汁のリパーゼという酵素によって分解され、腸から吸収されます。
ゼニカルはこのリパーゼの働きをなくす効果を持っているのです。
リパーゼが働かなければ、必然的に脂肪は分解されずに腸を素通りして便として排泄されます。

ただしここで注意したいのが、ゼニカルは決して魔法の薬ではなく、この薬が作用するのはあくまでも新しく摂取した脂肪にのみと言う点です。デンプンやタンパク質、すでについている皮下脂肪や内臓脂肪には作用しません。

また、脂肪に溶けて吸収される脂溶性ビタミンであるビタミンA・D・E・Kの4種類はどうしても不足してしまうので、ビタミン剤などで補う必要があります。

ゼニカルはこんな方に向いてます

 

脂肪吸収阻害剤「ゼニカル」とは肥満治療にはもちろん高血圧や糖尿病の改善にも

 

ゼニカルの効果は脂肪の吸収を抑制できる事とされていますが、それは摂取した脂肪分を便とともに排出する作用があるからです。

この作用が高血圧や糖尿病の改善にも効果があるとされています。
もちろん、ダイエットにも効果的です。

 

ちなみにゼニカルの効果は、これから摂取する脂肪分にのみ作用します。
内臓脂肪や皮下脂肪になってしまった分には効果がありません。

▼▼▼実際にゼニカルを購入した【T.O.P】▼▼▼
ゼニカルの通販・個人輸入サイト

  
Copyright(c) ダイエット薬ゼニカル.asia. All Rights Reserved.